なぎなぎブログ
Twitter YouTube

格安ペンタブレット HUION H430P を使ってみた レビュー

2020-12-12 07:00:00
レビュー

格安ペンタブレット HUION 430P を使ってみた レビュー

2000円台で買える格安ペンタブレットを購入したのでレビューします。
大きさはかなりコンパクトですが、筆圧レベルは4096、電池・充電不要のバッテリーフリーペンで非常に使いやすいです。
使ってみた感覚も以前使っていたワコムのCTH-480と比べて遜色ないです。むしろこちらのほうが新しい成否ということもあって性能が良いと感じます。

目次

HUION H430P レビュー

以前からペンタブレットがほしいと思っていて、Amazonのブラックフライデーで2000円台で売っていたので購入してみました。

今回こちらの製品を使ってみた感想を動画でも紹介しています

スペック

  • バッテリーフリーペン(充電不要ペン)
  • 4096レベルの筆圧感度
  • サイズ: 186.6 x 139.2 x 6.3mm
  • 重量: 本体135g ペン9g
  • 感知高度: 10mm
  • Androidスマホにも対応

この製品よりも安いペンタブレットもありますが、ペンが電池式だったりするのですが、この製品はバッテリフリーペンなので使い勝手が良いです。

使ってみた感想

Windowsの設定

接続してPhotoshopなどで開いて使ってみると、書き始めに遅延を感じました。

しかしこれはペンタブレットの問題ではなくWindowsの設定のせいのようです。

おそらくこの製品に限ったことではなくペンタブレット使うとき、全般のことかと思います。

Windowsでペンタブレットを使っていて遅延を感じる場合は下記のように設定を見直してみると良いかもしれません。

下記のように設定することで治りました。

コントロールパネルから「ハードウェアとサウンド」 => 「ペンとタッチ」をクリック

ペンタブ長押し設定1

ペン操作の「長押し」を選択して「設定」をクリック。
「長押しを右クリックとして認識する」のチェックを外す。

ペンタブ長押し設定2

サイズ感

大きさは小さめなので、机に置いておいても邪魔にならないので良いのですが、

やはり小さい分細かい操作はなれが必要そうです。

ただ、ドライバを入れれば画面の領域と、ペンタブレットの認識範囲マッピングできるのである程度はなんとかなると思います。

使用感

ペンの認識などは特に遅延もなく使いやすいと感じました。

筆圧レベルも4096と十分すぎるほどあります。
筆圧レベルの調整などもドライバを入れることで細かく設定することも可能でした。

ペンはペン先が圧をかけると多少しずむので、書いている側も筆圧の調整がしやすそうです。

こんな人におすすめ

  • PCで絵かきを始めてみたい方
  • できるだけ安く抑えたい方
  • zoomなどホワイトボード機能を活用したい方

最近テレワークなどで、zoomなどを使ってミーティングをすることが多いと思います。
その際にホワイトボード機能などで図示して説明するときなんかにも使えそうですし、お絵描きをするという用途以外にも、便利な操作ツールとして使うのもよいかと思います。

さいごに

いままでワコム製のペンタブレットしか使ったことがなかったため、はじめは格安のペンタブレットがちゃんと使えるのか不安でしたが、

実際使ってみると使い勝手がよく、この値段でこの性能であれば買ってよかったと思える製品でした。

もしこの製品の購入などを検討している人がいれば、参考になれば幸いです。