なぎなぎブログ
Twitter YouTube

第1期V名人戦 V-C級 凪なぎさ VS すず白ラパニス 戦 感想

2020-04-16 00:00:00
将棋

第1期V名人戦 V-C級 凪なぎさ VS すず白ラパニス 戦 感想

みなさんこんなぎ〜♡(´∀`)
わざマシンで将棋を苦労なく覚えたい 凪なぎさです!
今日は私が参加していたV名人戦の自戦の3局目の感想について書いていきたいと思います〜

目次

V名人戦って?

Vtuberの、Vtuberによる、Vtuberのため棋戦、第1期V名人戦!
簡単に説明すると、将棋がさせるVtuberの将棋棋戦です。
棋力帯に応じていくつかリーグ分けがされています。
詳しくは 公式サイト等参照してください!
第一期V名人戦公式サイト

第一期V名人戦では下記の3つのリーグに分かれています。

  • V-A級
  • V-B級
  • V-C級

この中で私はV-C級で参加をしております。
棋力帯としては、ウォーズ2級以下といったところです。たぶん。

第1期V名人戦 V-C級 凪なぎさ VS すず白ラパニス 戦

本局の中継配信がアーカイブとして残っているので、興味ある方は御覧ください。

棋譜はこちら(棋譜再生 (NagisaNagi 対 SzshiroRaphanis) / 81道場 Webシステム)

本局の感想

対局前

前回の対局から1ヶ月くらい経っていたのでこの間に私の将棋にだいぶ変化が起きてました。
1月~3月の間はずっと四間飛車を指していたのですが、4月に入ってからは一切指してません、なんと居飛車党に変わっていました!
私が将棋始めてからのメインの戦法の変遷ですが下記のようになってます。

  • 10月~12月: 棒銀だけ
  • 1月~3月: 四間飛車だけ
  • 4月 ~: 居飛車

4月は居飛車全般適当に色々指していますね。
変遷を見ると3ヶ月に1回変わってるんですよね、ということは。。。?7月からはまた振り飛車やってるかもしれません!

今回の対局に関しては、4月に入ってから居飛車を始めてまだ日が浅い。。。メイン戦法の変わり目なので、得意な戦型がなくどの戦法使っても不安という状況でした。
四間飛車指すかも迷いましたがもはや「1..2のポカン!」です。
そんなたくさん戦法覚えてられないので2週間も指してないと忘れちゃいますよね。
すぐに戦法が覚えられる「わざマシン」がほしいところです(´・ω`・)

というわけで今回はなんとなく居飛車で行こうかな〜という気持ちでいました。

対局の感想

さぁここからは実際の対局についての感想や、対局時に考えていたことについて語っていきます。
ちなみにこの手のほうが良いなどは上げればきりがないので、ここでは言及しません。
あくまで対局中に考えていたこと、思っていたことと、流れが変わった場面等を記載していきます。

本局は私の先手番に。
1局目、2局目ともに後手番ですので、本リーグで初めての先手番ですね。

今回は居飛車採用ということで、初手 76歩 から相手の様子を見ながら駒組みを進めようと考えていました。

☗7六歩 ☖3四歩 ☗2六歩 ☖4四歩 ☗4八銀 ☖3二銀 ☗4六歩 ☖4二飛(図1)
と進んだ局面。
(図1)
図1

なんとお相手のラパニスさんが四間飛車!
まるで2週間前までのわたしかっ!

あとから中継のアーカイブを見ましたが、中継でもでもほんとに先後あってる?みたいな感じになっていて面白かったですね。

ここからの形だと私の四間飛車相手には右四間飛車でここから組む構想をこの時点では考えました。

ここから
☗4七銀 ☖4三銀 ☗5六銀 ☖3二金(図2)
(図2)
図2

3二金型の四間飛車、これは右四間対策の工夫の一手か、右四間にすぐにするのは見送ることにしました。
3二金型の四間飛車だと急戦的な感じで仕掛けても、飛車先突破かなり難しくなる気がします。
後ほど出てきますが、飛車を5筋に振り直せるのも3二金型ならではですね。

ここからの指し手
☗6八玉 ☖9四歩 ☗7八銀 ☖7二銀 ☗7九玉 ☖7四歩 ☗5八金(図3)
図3

先手のわたしは左美濃に組んで、居角左美濃の形で攻めの形を整えて行こうかなと思いました。
後手側は居玉で藤井システム調。

角交換からの82角打ちはあるかなーというのはずっと思っていました。
とはいえもうちょっと攻めの体制は整えたいところ。

ここからの指して
☖7三桂 ☗2五歩 ☖3三角 ☗1六歩 ☖5四歩 ☗3六歩 ☖5二飛 ☗3七桂(図4)
(図4)
図4

先手陣はこれで攻撃の体制が整った形かなと。

ここから ☖6二金 ☗4五歩 (図5) と指していよいよ開戦!!
(図5)
図5

同歩と取れば角交換からの82角があるかなーという考えの仕掛け!

突き捨て問題

実はこの局面45歩と突きましたが、45歩を付く前に25歩の突き捨ても考えました。
感想戦でも突き捨ての有無について色々と話が出たのは面白かったです。

最近突き捨てについて私のTwitterでつぶやいていたり、私の中で突き捨てが熱い!!とはいえ突き捨てについてまだまだ自分の中で謎が多い。。。

突き捨て入れていれば飛車が走れる様になるとか、
この局面の場合居玉ですので突き捨ては入れないほうが15角で王手をかける手が残るので入れないほうがいいのでは?と思ったり。
突き捨て問題は難しいですね。。。

本譜の展開

本譜では25の突き捨て入れずに45歩。25の突き捨てはは同角と取られた時の展開がよくわからなかったので。。

ここから ☖5五歩 ☗同 銀 ☖4五歩 と進んだ局面(図6)
図6

この局面が今回一番長考した局面です。3分19秒考えました。
さあ次の一手!

44歩!(図7)
図7

このあたりから優勢かな?とちょっと意識するようになりました。

ここからの指し手
☖5四銀 ☗同 銀 ☖同 飛 ☗4三銀 ☖同 金 ☗同 歩成 ☖5五角 ☗同 角 ☖同 飛 ☗4四角(図8)

(図8)
図8

途中後手側から角交換して55角を打てる分岐があったので、その場合は先手もまだまだ危ないところがありました。

このあたりから詰みがないか考え始めるのですが、82金で退路封鎖するのをずっと考えていました。82金打ったあと飛車がいなくなれば詰むので良いかなぁと思っていました。

そしてここから秒読みに入り、時間が厳しい。

後手の次の手は39角(図9)
図9

秒読みのときにこういう手は焦る!!ヾ(・ω・`;)ノぁゎゎ
55の飛車を取るか、狙われている飛車を逃げるか。
時間ギリギリまで使って38飛車としました。

57角成、同金、同飛車成の局面でこちらに即詰みはないだろうという考えと、38金打ちから62角から切って詰ませる手順を考えてたので、角をずらしたくなかったという2点での判断でした。

感想戦で言われて気づきましたが、飛車って41飛車からの詰み筋があったのですが対局時は気づきませんでした。。。いやー詰将棋不足!!

こういう勝負手させるのはお強い

ここからの指し手
☗3八飛 ☖5七角成 ☗同 金 ☖同 飛成 ☗8二金 ☖6八銀 ☗同 飛 ☖5九銀(図10)
(図10)
図10

受けきってからのこの局面。詰みがあります!

☗4二角 ☖6一玉 ☗6二角成 ☖同玉 ☗5三銀 ☖同龍 ☗同角成 (図11)
図11

おそらく9手詰めなので、(図10)の局面でははっきりと詰むと分っていたわけではないのですが、おそらく詰むだろうという感じで踏み込む事ができてなんとか勝利!

さいごに

お互いじっくり駒組みして将棋っぽい将棋になったかなと!
仕掛けからは優勢をなんとか維持して勝利となりましたが、途中の勝負手などもあり見どころ満載だったと思います!

対戦相手のすず白ラパニスさん、解説・聞き手の常盤台メイさん、雨宮エイスリンさん、観戦・応援してくださった皆さん本当にありがとうございました。m(._.*)m

次の対局も頑張るぞい〜!と言いたいところですが実はこの記事執筆してるのがもうV名人戦の私の対局全部終わってからなんですよね。
だってこの対局の次の日にまた対局だったんだもん!連戦!

というわけで次のの記事書くのも頑張るぞい〜!